伸びているコーティング
ホーム > 現金化 > 自分でショッピング枠を換金することの利点や欠点などについて

自分でショッピング枠を換金することの利点や欠点などについて

ショッピング枠を換金するクレジットカード現金化は、現金化業者に依頼しなくても自分で行うことができます。

現金化業者の中には悪徳業者も存在しますが、自分で現金化を行う場合には悪徳業者に騙されるというリスクがありません。

ショッピング枠で購入した商品を買取店などに自分で持ち込んで買い取ってもらうという方法なので、比較的安全です。

業者に依頼した場合の還金率の相場は80%程度ですが、自分で売りに行くとプレミアが付いている商品の場合には定価よりも高く買い取ってもらえる場合があります。

商品券やゲーム機やブランド品や電化製品などを売りに行くと、買取価格が比較的高くなります。

ただし、購入する商品を検討したり買取価格がいくらくらいになるのかを調べたりする必要があるので業者に依頼するよりも時間や手間がかかります。

前に調べた買取価格と違っていて、換金率が50%を下回るという場合もあります。

また、店までの交通費がかかる場合もありますし、後からカード会社へ代金を支払わなければいけないので支払いが滞ってしまう可能性があります。

支払いが疎かになると、その後のローンやカード契約などにも影響を及ぼします。

そして、頻繁にショッピング枠の換金を行うとカード会社からカード利用停止にされる場合があります。

クレジットカード現金化は法律違反ではありませんが、禁止しているカード会社が多いです。

カードが利用再開になれば良いですが、強制的に退会される可能性もあるので注意が必要です。

業者を使う場合は口コミサイトなどを参考にして自分に合った業者を探してくださいね:ビックギフトの口コミはこちら